自社のwebサイトも確認できるコピペチェック プラグイン

これから発表するような文書だけでなく、すでに紹介している自社のwebサイトに掲載しているコンテンツについては、盗用の問題がなく掲載されているものです。しかし、この自社の文書が無断で盗用や引用そして転載されていることも可能性があります。自社の努力により作成した文書を簡単に第三者が利用することは、非常に迷惑なものです。また、せっかく作成した文書が反対に盗用や引用していると疑われるのでは大変困ってしまうものです。そこで自社の著作物について、盗用や引用を行われているかどうかチェックすることも必要な作業となります。  

webサイトに掲載された文書についてもしっかりと保護しておかないと知らないうちに利用されていることがあります。この盗用や引用などによってさらなる被害が拡大することもあります。そこでコピペチェック プラグインを利用してチェックすることも必要です。既に掲載されている文書ですが、勝手に利用されている可能性も高くコピペチェック プラグインを利用して調べることができます。

長くインターネットで掲載されている文書になれば、第三世界利用している可能性が非常に高いので、定期的にコピーチェックをすることも最初に掲載をした企業の役目になります。コピペチェック プラグインを利用すれば簡単に確認することが可能です。